新型 プリウス 値引き

新型プリウスの値引き交渉を始めている方のレポートからわかる、現在の新型プリウスの値引き額の限度額は「10万円」ほどです。先行予約で特典などがあっても、これ以上新型プリウスの値引き額が増える可能性はかなり低いようです。新型プリウスの値引き交渉での一つの目安としてみて下さい

でも実は、下記で紹介するサービスを使えば、上記の値引き額に加えて、さらに「40万円」以上新型プリウスの購入価格を安くできる可能性があります。これから紹介するのは、とても簡単な方法なのですが、私がトヨタのセールスだった頃に新車を買ってもらったお客さんは誰も知らなかったようでした。普通に値引き交渉を進めるよりも確実に得する方法なので、新型プリウスを安く買うために是非試してみてください。

また、当サイトの最後にはトヨタディーラーの特性を活かした、新型プリウスの値引き交渉の方法も書いています。新型のプリウスの値引き額を最大限に引き出すコツを紹介しているので、どうぞ最後までお付き合いください。

トヨタ プリウス 値引き

・セールスマンが値引き交渉でこっそりしてくる提案

これから紹介することは、現役のセールスマンにとってはあまり言わないでほしいことかもしれません。理由は後述しますが、実はセールスマンが値引き交渉を利用して副収入を得ていることがあるのです。

新型プリウス購入の際に、今乗っている車があれば通常は下取り車としてディーラーに売却することになると思います。でも、実はそれではほとんどの方が損をしてしまいます。というのは、下取り車はディーラーよりも買取業者でさらに高く買取してもらえることが多いからです。

このサイトを見るとわかりますが、ディーラーと買取業者の査定額の違いで「40万円」も差が付いてしまうこともあるのです。

かんたん車査定ガイド

このように買取業者に下取り車を売る方が得なので、一部のセールスはこっそりお客さんに買取業者で下取り車を売却するように業者を紹介してくることがあります。一見、お客さんのためになる良い話のようですが、下取り車の売却価格の一部が買取業者からセールスに流れて、それをセールスは副収入としていることが多いのです。

セールスがわざわざ提案するくらいなので、今の愛車の売却には買取業者を使うのが得なのですが、せっかくならセールスマンに紹介料を取られることなく、買取業者を利用できる方法を紹介したいと思います。

それは、ネットでできる「一括無料査定サービス」の利用です。複数の買取業者にまとめて査定依頼をすることで、査定額を競合させてさらに高額で売却できる可能性が高くなります。私が知っている事例でも、「一括無料査定サービス」を使うことで、ディーラーでの査定額よりも下取り車を「100万円」高く買取してくれる業者を見つけた方もいるくらいなので、プリウス購入時も利用しないと損だと思います。

以下に、査定依頼できる業者の数が多くて、情報の入力が簡単なサービスをまとめました。新型プリウスの値引き額と合わせて、さらに購入総額を安くできる方法として活用してみてください。

1位 かんたん車査定ガイド

公式サイトはこちら

・45秒でできる情報入力のあとに、すぐ概算の査定額が画面で確認できます
サービスを運営する「エイチーム」は東証一部上場企業
・提携している業者は「JADRI(日本自動車流通研究会)」に加盟の車買取査定会社

公式サイトはこちら

2位 ズバット車買取比較

公式サイトはこちら

全国150社から厳選された最大10社に査定依頼
・利用前の不安なところは電話のカスタマーセンターで確認できます
・サービス運営の「ウェブクルー」は他にも多数の比較サイトを運営

公式サイトはこちら

3位 カーセンサー.net簡単ネット査定

公式サイトはこちら

・サービス運営会社はリクルート
・公式サイト内に「車買取・車査定完全ガイド」や「車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54 」が公開されていて、利用前の不安を解消するのに役立ちます

公式サイトはこちら

 

・トヨタディーラーの特性を活かしたプリウスの値引き交渉

トヨタプリウスの値引き交渉の際は、「資本違い」のトヨタディーラー同士でプリウスの値引き額を競わせるようにしましょう。トヨタディーラーの特性を利用すれば新型プリウスの値引きを最大限まで引き出せるはずです。

トヨタディーラーと一言で言っても、実際は各地域やブランドごとに経営している会社はバラバラです。それぞれが、トヨタ自動車(メーカー)と販売契約を結んでいるフランチャイズだからです。例えば、「トヨタ」「トヨペット」「カローラ」「ネッツ」と看板が変われば、経営している会社も違います。また、同じ「○○トヨタ」でも、「東京トヨタ」、「神奈川トヨタ」、「千葉トヨタ」、「埼玉トヨタ」などと地域が変わると経営している会社が変わります。このことは雑誌などではよく「資本違い」と表現されています。

新型プリウスの値引き交渉では、このトヨタディーラーの「資本違い」を利用するのが有効です。新型プリウスはトヨタのディーラー全店で購入できるのですが、資本が違えば同じプリウスでも値引きの上限が変わります。また、値引き以外でもプリウス購入時のキャンペーンなどで各会社が独自に行う部分もあるので比較できます。それぞれが同じトヨタでも販売台数を競うライバル会社なので、プリウス同士で値引き額を競わせることができてしまいます。

新型プリウス同士での値引き競争はセールスにとっては一番嫌です。なぜかというと、プリウスの性能のアピールではなく、単純に値引き額だけでの勝負になってしまうからです。このようにプリウス同士で値引き額を競わせることを持ちかけることで、セールスに対して「値引きを最大限まで引き出したい」と、こちら側のいう値引き交渉に対しての意思表示をすることにもなります。

そのため、値引き交渉でありがちなセールスが行う無駄な駆け引きもなくなって、勝手に店長に値引きを少しでも上乗せできるように相談してくれるはずです。ディーラーの店長や本部も、他のトヨタディーラーとのプリウスの値引き競争には負けたくないと強く思うものなので、各社がより良い新型プリウスの値引き額を提示できるようがんばってくれるはずです。新型プリウスの値引き額はしばらく「10万円」ほどが相場となるはずですが、破格の条件を出してくれるディーラーが出てくるかもしれません

また、このように複数のトヨタディーラーを比較することで、プリウスの値引き額だけではなく、セールスとの相性やディーラーの対応などを総合的に見て、プリウスを購入するべきディーラーを判断することができます。プリウスの値引き額も大切ですが、その後のプリウスのメンテナンスなどでディーラーとは長く付き合うことになります。ちなみに現在の新車の乗り換えサイクルの平均は「7~8年」なので、プリウスを購入したトヨタディーラーとも、それぐらいの期間は付き合うことになるかもしれません。

値引きだけではなく、長く付き合っていけそうな良いディーラーで新型プリウスを購入してほしいというのが、私の願いでもあります。

 

<まとめ>

新型プリウスの値引き交渉方法のまとめです。

かんたん車査定ガイドなどの一括無料査定を使って下取り車を高く売る
・新型プリウスを販売する資本違いの複数のトヨタディーラーで値引き額を競わせる
・値引き額だけでなく今後のメンテナンスでの付き合いも考慮してディーラーを選ぶ

 

© 2015 プリウス 値引き rss